福助温泉

鹿児島北インターチェンジと国道3号が交わるあたりから500mほど南東よりの住宅街に浴舎はある。鉄筋コンクリート造り2階建、一部3階建てと思われる建物の1階に浴場はある。



扉を開けると番台だ。脱衣所は昭和の風情が満ちている。不思議な安堵感だ。無料の鍵付き脱衣棚が並び、同じ空間には牛乳などが保冷された販売用のボックスがある。ガラス戸を開けると浴場だ。




午前中だというのに多数の人で賑わっている。20歳台から30歳台と思われる人の姿も複数ある。浴場の中央に浴槽が陣取り、手前右と正面奥にサウナがある。左手前には水風呂、正面奥の左右にも小ぶりの浴槽が配置されている。
主浴槽は2槽に分かれていて、奥の槽には台形の湯口から湯が注がれ、手前の浴槽には錆びた太いパイプから飾りなく湯が注がれている。無色で透明だ。口に含む。これといった特徴は感じ取れない。ヌルツル感も特筆にない。



家族湯もあるようだ。2階に用意されているようだ。料金は1階の番台で支払うよう案内の掲示がある。


福助温泉
鹿児島市伊敷1-16-25
099(229)4620
単純温泉(含重曹)
51℃
シャンプー類なし ドライヤーあり(有料)
内湯 サウナ2室 水風呂
390円
家族湯1500円/60分
5:30~22:30
2015/5/5